座り方や姿勢を散々語りましたが・・・エレクトーンの「椅子」イザとなれば・・・!のお話

ご訪問ありがとうございます!
えっちゃんです😊


ワタクシ、
以前の記事で
「正しく座ればエレクトーンは体に良い!」
というお話をさせて頂きました。

「弾く時の姿勢」~正しく座ればエレクトーンは体に良い!~

当たり前過ぎるので
気付きもしなかったのですが、


「正しい座り方」には
「正規の椅子」が必要なのが
大前提ではあります。


ピアノの椅子は
身長に合わせて高さを調節出来ますし、
エレクトーンの椅子は
残念ながら高さの調節は出来ませんので
子供さんなら足鍵盤に補助ペダルを使ったり
前述の記事の通り
鍵盤と椅子の距離を調整したりします。

【ELS/ELB】「エクスプレッション用補助ペダル」や「補助ペダル鍵盤」はSTAGEAで使えますか?

いずれにせよ、
「正規の椅子」に座るのが
大前提


ではありますが。


えっちゃん、
先日
とある中華料理店で開催される
同窓会でのエレクトーン演奏を
させて頂きました!


エレクトーンの機種は
ご招待下さった主催の方のお家から運んでくださった
「STAGEA D-DECK PACKAGE」
通称「D-DECK」(ディーデック)。






こんな風に簡単に解体して、
二段鍵盤のキーボードとしても使えますし
椅子やスタンドは折りたたんで持ち運びが容易。
現場で組み立てればOK!
ライヴ演奏に最適なエレクトーンなのです。
後続の最新機種として
「ELC-02」(通称02カジュアル)があります。






カジュアルモデル~ELC-02




本番の数時間前、
リハーサルに出向きましたら
主催の方が、

「すみません・・・!!
椅子を家に忘れてきてしまって・・・!」




つまり
この椅子が
会場に無い、
ということなのです!
!( °_° ) !
おお~!なかなかレアな状況!


「こんな風にしてみたんですが、
弾けますか?」


主催の方が用意してくれていたのは・・・


中華料理店の椅子に
座布団を三枚載せて、
ビニール紐で括りつけて下さった椅子。


弾いてみました。
「あっ・・・!すみません・・・
ちょっと低いみたいです・・・!」


山田君~!!
座布団二枚持ってきて~!!

(違う)


そして
座布団が五枚重ねに!!


「あっ!丁度いいです!
これなら弾けます!」



そして本番・・・





エレクトーンを初めて35年、
振り返れば
「エレクトーンの椅子じゃない椅子」
で弾いたのは
初めてでした!!
貴重な体験!!


実感として、


全然問題なく弾けました!!!
\(≧∇≦)/



座布団を駆使した
高さ調節と
(さすがに慣れた高さじゃないと
手も足も弾きにくいですね~)
ポジションに気をつければ
足鍵盤もスムーズに動きました~!


皆様、
イザとなれば
座布団とビニール紐です!(笑)
なんとかなります
なんとでもなるものです!


貴重な体験と、
何よりも
同窓生の皆様に
エレクトーン演奏を
大変喜んで頂けたのが
私も有難かったです!
「ラデツキー行進曲」
「いい日旅立ち」
「花は咲く」は一緒に歌ってくださいました。
主催者様演奏の「高校三年生」も大盛り上がり!
最後は
校歌の大合唱を伴奏させて頂きました!


会場関係者の皆様、
主催者様、
同窓生の皆様、
大変お世話になりました!
ありがとうございました!!
\(≧∇≦)/







今回のおさらい

正しい椅子じゃなくても
工夫次第で
演奏オーライ!!


では またのちほど💗


0 件のコメント:

コメントを投稿

@エレクトーン

@templatesyard