エレクトーン・あなたの知らない(かも知れない)「変拍子」の世界!

ご訪問ありがとうございます!
えっちゃんです😊


いきなりですが、
音楽における
「拍子」(ひょうし)とは??





音楽を演奏される方は
「この曲は四拍子だな」
「あ、コレは三拍子
という事が
音楽を聴いたり
楽譜を見たりすると
理解出来ると思います。




普段耳にする音楽では、
ほとんどが
「四拍子」であることが多いのです。
一前の記事で弾いた
「ANNIVERSARY」も
四拍子でした。
たまーに三拍子かな?というくらい。
三拍子のヒット曲も
色々あるとは思うのですが
なぜか
えっちゃんが一番に思い浮かんだのは
コチラでした!(≧▽≦)





聴きながら
「1・2・3・1・2・3」と
文字通り「拍子」を取ってみてください
三拍子です。
(≧▽≦)


だいたい「四拍子」
たまーに「三拍子」
時々「二拍子」かな?
というくらいの音楽の世界で


それ以外の
「変拍子」
というモノが
レアに存在致します・・・!!



こちらは、
エレクトーンの
「リズムパターンプログラム」の画面。
「自分でリズムを作る」時に使用します。
「拍子」の所が
「4/4」で光っていますね。
その横には・・・


そう!
「5/4」
「五拍子」が存在するのです!
五拍子のリズムが作れるようになったのは
現行機種・ステージアシリーズになってからでした。
それまでの機種では
二・三・四拍子しか作れませんでした。
「五拍子」
紛れもなく
「変拍子」なのです!


えっちゃん、
2004年のステージアシリーズ発売時に
「キャッホー!五拍子が作れるぜ!
今までは二と三を組み合わせてじゃないと
作れなくて
超めんどくさかったぜ!」
とテンションが上がってしまい、


リズムが作れるから
という理由だけで
五拍子の曲を作った


という歴史があります。


あと
「ファンクって普通は四拍子なら
三拍子で作ってやるぜ」
をやってみた事もあります。
どうでもいい話ですみません。


そんなこんなで
レアな「変拍子系リズム」というのは
当然
エレクトーンに内蔵されている
「プリセットリズム」にも
当然、非常に少ないのです。
需要が無いですものね。
が!!!


見つけてしまいました!!!


プリセットリズムにも
「めっちゃ変拍子」が!!!


それは・・・・・・
コチラ!!



「メトロノーム」に!
なんと
「七拍子」があった!!!


しかも!!


激レア!!
「九拍子」!!!


カウントを取るためにしても
いつ使うのさ!?
(笑)


変拍子の曲の譜面は出来てるけど
リズムが作れてない、とかの時に
演奏の練習で使えますね。
覚えておきましょ( ̄ー ̄)


ま、
コレは「メトロノーム」という
レアな領域でしたが、
いわゆる普通のプリセットリズムでも
稀に「変拍子系」が存在します。
えっちゃん
一つ一つ鳴らして調べました。
(*`ω´*)ドヤッ


言うてそんなに変拍子ちゃうやん
というツッコミはスルーして
まず「二拍子」!!


「ミロンガ」という
タンゴより以前に存在した
リズムパターンのジャンル。
言葉としては
「タンゴを踊る場所」という意味で
使われることも。
リズムは既存のタンゴよりもゆったりとしている、
という印象があります。
はい、
「1・2・1・2」と拍子を取ってみてください
きっと辻褄が合います( ̄ー ̄)


次は本当にレアですよ(笑)
「五拍子」!!!!!



「ファイブ フォー」
5/4拍子ってコトですね。
まんまやん!
ジャズスタンダード・ナンバーで
五拍子の名曲
「テイク・ファイブ」というのがありまして、
ほぼ
ソレを弾くためだけのリズム、
と言って過言ではないでしょう。


えっちゃん、
演奏したことがあったのでした!
「1・2・3・4・5」と
拍子を取りながら聴いてみてください
辻褄が合います
たぶん。( ̄▽ ̄)


奥深い
リズムの世界・・・!
これからも
たっぷり堪能していきたい
ドラム経験者、
えっちゃんなのでした!





今回のおさらい

四拍子も
変拍子も
音楽とエレクトーンは
楽しい!
\(^O^)/



では
またのちほど💗

0 件のコメント:

コメントを投稿

@エレクトーン

@templatesyard