エレクトーンを指一本(あるいは二本か三本)で弾いちゃおう!~ABCとレジストレーションメニューで~

ご訪問ありがとうございます!
えっちゃんです😊


えっちゃんの愛機エレクトーン、
「ELS-02C」
お迎えしたのは発売と同時の、
2014年4月の事でした。
もう6年前・・・!!






嬉しくて嬉しくて、
その日は当然
音出しまくり、
触りまくり・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・ん!?


どこをどう触ったの!?


いきなりガッツリ曲を弾く、
というのも
新しい機種だと
ドコにどんな音色や機能があるか
分からないうちは
ちょっとやりにくい・・・かも?
(この2014年の場合
完全なモデルチェンジではなく
「ステージア」の発展型でしたので
使い勝手は理解してはいたのですが)


しかし、
このELS-02Cは
(もちろん
ベーシック(ELB-02)も
カジュアル(ELC-02)も)
実は


電源を付けた途端
指一本あれば弾けるのです!!!


えっちゃん、
この手法で初日、
一日中遊び倒しました。
正確には
えっちゃんってば
「少しは弾ける人」なもんで
指三本でしたけど(笑)
それでも指三本でOKです!!
その鍵は
二つの機能にあります。
まず一つ目は、


「ABC(オートベースコード)」


この「ボイスディスプレイ」の、


ココを押すと


このような画面が。


「シングルフィンガー」
とありますね。
これは文字通り、
下鍵盤を使って
指一本だけで
和音が弾けてしまう機能なのです!


ただしこの通り、
指一本で弾けるのは
メジャーコード(CやFやGなど)になります。
マイナーコード(CmやAmなど)
残念ですが指二本必要です。
コードの根音と
左側(低い側)の黒鍵を同時に。
黒鍵ならどこを弾いてもOKです。


ちなみに
「いや私普通に和音弾けるし~
一本とか二本とか言われる方が
ややこしいし~(ドヤ)」
という「少しは弾ける人」向きの
「フィンガードコード」
という機能もあります。


既に知っている
コードの形を弾けば
足鍵盤は自動で鳴らしてくれるので
弾かなくてOK!



さあ次は
二つ目の機能、
「レジストレーションメニュー」の登場です!!


ハッキリ言って、
どのボタンを押してもOKです。



適当に⑤を押して、
適当に1ページ目の
「ストリング クラシック」にしてみました。
左下の「ABCモード」
指一本の方は「シングル」
指三本の方は「フィンガード」

を押してくださいね!


あとは


リズムボタンの
[SYNCHRO START]を押してから
指一本をポンと弾きますと、


これだけで
めっちゃゴージャスな
リズムと伴奏が鳴り始めるのです!!
が、


もっと楽しく、
まるで「1曲を聴く」ように弾く方法もあります。


リズムボタン
[ INTRO](①②③どれでも)を押す
↓↓↓
[SYNCHRO START]を押す
↓↓↓
指一本をポンと弾く


めっちゃゴージャスなイントロフレーズが出ます!


しばらく堪能して落ち着いたら


[ENDING](①②③どれでも)を押す


と、
ゴージャスなエンディングと共に曲が終了します!


えっちゃん、
本当は指三本で弾けるんですけど
(ドヤ)(←ひつこい)
あえて指一本
「ストリング クラシック」
弾いてみました!
INTRO③→リズム4小節→ ENDING③の流れです。
どうぞ~!!



ね?1曲弾けちゃうでしょ?
どこかで聴いた事があるような・・・?
モーツァルト・・・??


そう
ハッキリ言って、
どのボタンを押してもOKなので
全く同じ手法で
あと二つほど
試してみました~!


レジストレーションメニュー③
ダンス&バラードより
「ニューエイジ チルアウト」
この雰囲気にはマイナーコードの方が合うので
指二本です。


ちょっと幻想的な雰囲気・・・!



シメに
明るいロックで!
レジストレーションメニュー②
「ウルトラ ロック」


ていうかコレ、
完全にアレですやん!
(≧▽≦)
「ウルトラ」言うてもうてるやん!!
色々スレスレな気がしますけど!!
(小声で)


レジストレーションメニュー、
584種類
ありますから!
そりゃ一日中遊び倒せるわ!(≧▽≦)


皆様もぜひ、
指一本から
エレクトーンを楽しんでみてくださいね~!
\(^O^)/




今回のおさらい

エレクトーン
電源も演奏も
指一本!ポチ!




では
またのちほど💗


0 件のコメント:

コメントを投稿

@エレクトーン

@templatesyard