「白いエレクトーン」の思い出と・・・「驚きの青・赤エレクトーン!」のお話

ご訪問ありがとうございます!
えっちゃんです😊


自分でビックリ
もう20年以上前!
若かりし○○歳のえっちゃん、
ある「オーディション」に参加しました。


ファッションモデル?
んなわけあるか
Σ\(゚Д゚ )
もちろんエレクトーンです!
ある著名なエレクトーン・プレイヤー様の
レッスンを受けるには当時
申し込むだけではダメで
「オーディション」に合格が必須でした。


当時の機種は
「EL-900m」

そう、当時は
黒いエレクトーンでした。
オーディションの内容は
即興演奏(一段譜を15分予見の後に演奏)
自由曲演奏(自作曲か自編曲)
あとは面接、
というもの。
予見を終わらせて
ド緊張でオーディション本番!
その目の前には!
なんと!!!


白いエレクトーンが!!
Σ(°д°ノ)ノ

「えっ、何かの間違い!?」
いえいえ違います。
「EL-900m」には
「ブラック」だけでなく
「ホワイト」も存在したのです!!
とは言え珍しく、
実際に遭遇したのは初めてでした。
しかもド緊張のオーディションで
いきなり「未経験の白」を弾かないといけない!!


即興演奏のシミュレーションが
吹っ飛びました・・・

ちーん・・・(꒪꒫꒪ )


コンクールのエレクトーンの液晶が
英語表記だった時
↓↓↓

英語表記に出来るんですよ!~エレクトーンってワールドワイド!なお話~

も驚きましたが
予想外の視覚攻撃には弱い
えっちゃんなのでした。
即興演奏も自由曲演奏も
もう何がなんだか覚えていません。


オーディションの結果?


なんでか知りませんが
合格しました。
(;▽;)


オーディションには
実際にレッスンをする
著名プレイヤー様は居らず
ヤ○ハの先生の裁量だったのですが
のちほど実際にレッスンを受けた時、
プレイヤー様の心中は
「またこんな変な子を入れて・・・」
だったそうです。
ヤ○ハの先生ありがとう
(;▽;)


そう、
EL-900mでしたし、
今の「ステージア」
シルバーです。
カッコいいデザインですが
色目の話だけなら正直
地味なのは否めません・・・。
エレクトーンって
他の楽器よりどうしても
ガタイが大きいじゃないですか。
色目が派手過ぎると
演奏者より目立ってしまうので
・・・という配慮じゃないかな?
という
えっちゃん推察です。


いきなりの変色エレクトーンは
心臓に悪いですが
(えっちゃん調べ)


最初から
エレクトーンやと
分かっていたなら
どうや!?


テンション上がるんちゃう!?
\(◦˙-˙◦)/

(そして色目に負けないアツい演奏をすれば良いのだ!)


エレクトーン・プレイヤーの
尾野カオルさん
この青いエレクトーン(D-DECK)で
2000年代前半を中心に
スタイリッシュでカッコいいライヴを
沢山されていました!
えっちゃんも拝見したことがあります。
めちゃくちゃ素敵でした・・・!!
(≧▽≦)




そして
レジェンド・プレイヤー
窪田宏さん
赤いエレクトーンを駆使されています。
渋い・・・尊い・・・・・・!!






そしてそして!
最近です!
「月刊エレクトーン」6月号には
このような
まぶしい「デコエレ」の特集が・・・!



詳しくは是非
「月刊エレクトーン6月号」を
お読み頂きたいのですが、

【ヤマハ】 月刊エレクトーン2020年6月号 - 雑誌 雑誌 | ヤマハの楽譜出版

この「デコエレ」
ある著名エレクトーン・パフォーマー様
演奏を想定して
特別に作られたのだそう。
そのプレイヤー様、
イタリアンレッドブラックで!」
と御指定された、と。
イタリアンレッド!!
ただの赤とちゃいますよ!
イタリアンレッドて!
どんな赤なん!?
トマトっぽいって事でええのん!?(笑)


ぜひとも実物を拝見しに
出掛けたいと思います・・・・・・!!

その日を楽しみに、
ご一緒に待ちましょう!\(^o^)/




今回のおさらい

合格したオーディションは
イタリアンレッド様の
レッスンでした!!
(≧▽≦)




では
またのちほど💗

0 件のコメント:

コメントを投稿

@エレクトーン

@templatesyard